喧嘩ばかりになってしまう?彼氏彼女とうまくいかない原因は大きく分けて3つしかありません!

付き合って居るうちにだんだん恋人と、うまく行かなくなってきてしまうこと、ありませんか?

友達が彼氏と喧嘩ばかりしちゃうだって!贅沢な悩みだよねぇ

そんな事はありませんよ!恋人が居ない人から見ると贅沢な悩みに聞こえるかもしれませんけど、当人からするととても重大な問題なんです。

分からなくはないけどなぁ、でもなんで付き合う前はあんなに大好きだって思ってた相手だったのに付き合っていくうちに喧嘩ばかりになっちゃうんだろう?
人の気持ちって分からないよね。

そうですよね!
付き合う前はこの人と結婚するんだ!って思って居た様な相手でもいざ付き合っていくうちに相手とすれ違ってきてしまったり・・・。でも、なんでそんな風になってしまうのかって考えてみた事ありますか?

考えてみてどうなるって問題じゃないと思うんだけどな!愛は理屈ではないの!

確かに理屈だけで語れる問題ではありません!ただ、実はマンネリしてしまう根底の原因は3つしかありません!
もしも今自分が恋人とうまくいってないなら実は自身でも気づいてない理由っていうのがあるのかもしれませんよ?
何で恋人とうまくいかないの?その疑問の根底にある部分を見てみましょう!

恋人とうまくいかない原因はたった3つに分かれます。

嫌いじゃないのになかなか恋人とうまくいかない、顔を合わせたら喧嘩になってしまったり、せっかくデートに行っても気づいたら険悪の空気が流れている・・・そんな経験ありませんか?
恋愛の関係を理屈で考えるのは確かに難しいですが、実は根底にある原因はたったの3つしかありません。これは恋愛のカウンセリングでは良く話をする内容です。
あなたがもしも今、付き合って居る人が居て、モヤモヤとした関係が続いて居るならその原因をまずは理解をしてみるところから初めてみましょう。

原因①自分に原因がある場合

自分に原因がある場合、あなたの中では当然という認識があり、なかなか気がつく事が出来ないものです。
それはあなたとしては当然の事であり、呼吸をするかの様に自然な認識だったりするものなのです。

しかし、こと恋愛となると、その当たり前という認識は、時として相手との気持ちに大きなギャップを作ってしまう事があります。
具体的に自分が原因という例をあげれば100でも1000でも原因というものは出てきてしまいます。

なのでここでは敢えて原因の一例を取り上げる事はしませんが、例えば、過去の恋愛が自分の意と反してすぐに関係が終わってしまう事が多かった理、今現在の恋人とうまく行ってないという場合、一度自分自身の恋愛感を振り返って観ると、あなたの中にある恋愛がうまくいかない原因が見えてくるかもしれません。

自分に原因がある場合の解決方法は?第三者と自分の認識のすり合わせをする事

あなたに原因がある場合の解決方法は、とにかく自分が気づくという事が何よりも大切です。
その方法はいたってシンプル、あなたに対しての意見を聞いてみる機会を持つ事です。
相手は恋人でも友達でも親でも誰でも構いません。
その上でこういう事があってこういう理由で恋愛がうまくいかないと恥ずかしがらずに話をしてみましょう。
その話をする上で大事なポイントは3つあります。
・聞いてもらって意見をもらう。
・意見には反論しない。
・感情的にならない。
この3つのポイントを守って相談をしてみる事で、何故あなたの恋愛がうまくいかないかを第三者の目線から意見をもらうという事は、あなたの中にある、あなたでも気付けなかった内面を知る事に繋がります。
もちろん相談する相手次第では、理想とする答えは返ってこないかもしれません。
その為にも、相手が居るのであれば何人でも話を聞いてみてもらうのが良いでしょう。
何よりも自分を知るという事が大事です。自分の事は自分で分かっているつもりでも第三者から見ると実はずれている点が見えてきたりするものです。

原因②相手に原因がある場合

相手に原因がある場合大きく分けて
・人間性
・外見
・金銭面
などの原因に分かれてきます。

相手に原因がある場合は相手が自身が気づき変化をしない限りはなかなか二人の関係性が変わる事はありません。

あなたからのアプローチで変化を与える事で良い方向に変わる場合もありますが、相手を抑圧してしまい、相手がストレスを感じてしまいそれが原因でお互いの関係を悪くしてしまうという可能性もありえます。

相手に原因がある場合の解決方法は?相手の事を良く知り、理解を求める事

相手に原因がある場合は、あなたが相手を知り、そこで相手との意思をすりあわえていく事が重要です。

相手の悪いところを話し合いの上で正していく努力をする事はもちろん、相手の気持ちを知った上で自分が変わるというのも関係を続けていく上では必要になる事もあります。

しかし人間は、自分の根底にある部分を変えるというのは難しい上にストレスを感じてしまう生き物です。
そのストレスに見合う相手かどうかという事を含めて、関係を考えるというのも一つかもしれません。

ただし、相手に悪いところがあったとしても、それを受け入れる事も含めて恋愛だというのも、また事実です。

原因③第三者に原因がある場合、あるいは第三者に興味がある場合

第三者に原因がある場合は二人
あなたが付き合って居る人以外に、気になる人がいる
あなたが付き合って居る人が、他の人を気にしている

この状態は恋人関係の末期状態に多いと言われて居ます。
さらに、付き合って居る人と、第三者を比べてしまい、結果として心はどんどん離れて行ってしまいます。

しかし、裏を返せば次の恋愛に進むべき時がきて居るのかもしれないという合図なのかもしれません。

恋愛は結婚ですらゴールではありません。
異性は星の数ほどおり、どうしても第三者の介入というのは防げるものではありません。

第三者に原因がある場合、あるいは第三者に興味がある場合、最大の選択をする時かもしれません。

第三者に興味があるという事はすでに恋人とは別の人を気にしてしまっている状態です。
どうしてもこの状態になってしまうと恋人を天秤にかけてしまう事になります。
もちろん真剣な恋愛で無くともその様な状況はありえます。

自身の中で第三者を理由に恋人と上手く行かなくなってしまっている場合、潔い判断をする事があなたも相手も後悔をしないで済むかもしれません。

3つの要因のどれに自分が当てはまるか考えてみましょう。

見ていただいた通り、大きく分けると3つの要因で相手と上手く行きません。
ただ恋人とうまく行かないというのはすぐに解決出来る問題では無いので、焦らず答えを出して見ましょう。

3つの原因に別れるっていうのはこういう事なんだ!
でも自分がどれに当てはまるかなんてすぐにはわからないかな、それに相手に原因がある場合なんて考えてどうこうなる問題では無いし・・・

それでいいんです!簡単な問題じゃ無いからゆっくりと考えて見る事も大事です!
それに一人で結論を出すのはとても難しいです。相談出来る相手が居るなら相談をして客観的に見る事で答えが見つかるかもしれませんね!

友達にも教えてあげる⬇️

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です